会社におけるワークフローや勤怠管理、販売管理について

新着情報

2014/06/03
文書管理の意味を更新しました
2013/10/15
販売管理を更新しました
2014/02/24
営業日報を更新しました
2014/04/22
基幹業務システムを更新しました
2014/06/03
社内SNSの概要を更新しました

概要

ワークフローとは、業務フローと呼ばれているものです。
その内容は、ビジネスにおける手続きの処理を自動化したり、ある程度処理の手順などを規定しておくことで、業務遂行を滑らかにする事を指しています。
主に流れ図にしてまとめられることが多く、作業の行う工程の順番や内容などを吟味して作成されます。

消耗品の補充の際の発注などの作業的な業務を自動化することで、情報や業務が円滑にできるようになるのが、ワークフローの基本的な考え方です。
ワークフローの他にも、勤怠管理販売管理といったものが存在します。

ワークフローシステム

system

ワークフローシステムと呼ばれるワークフローをコンピューターに取り込んでシステム化したものがあります。
ワークフローシステムを利用することで、業務の流れをよりスムーズにして、効率アップを図る事が可能です。

このシステムが導入される目的の一つに、紙を利用しない事による資源削減やネットワークを利用した内部統制などの目的があります。
そして従来では、紙の書類などに直接上司の印鑑がなければ、手続きを進めていくことが出来ないケースが多かったのですが、ワークフローシステムを利用することで、パソコンの画面上でも承認することが可能になったのです。

メリット

melit

業務の処理手続きを一連化する流れ図を作成することで、一目見て流れを理解することが出来るという点がワークフローを取り入れる大きなメリットですが、この他にも具体的なメリットが存在します。

・作業におけるミスを事前に防ぐことが出来る
・業務に必要な文書を手順などを見ながら明確に、より簡易的に作成することができる
・業務が進行管理をする事が出来る
・業務全体を確認して、作業時間の効率化の検討が出来る
などの点を挙げることが出来ます。


おすすめサイト

ワークフローといえば/SpaceFinder